ホテルニュース

マリオット 2022年に世界で30軒以上の高級ホテルを開業へ

マリオット・インターナショナルは、2022年に30軒以上のラグジュアリーホテルを開業することを明らかにした。同社は現在、68カ国・地域に460軒を超えるラグジュアリーホテルとリゾートを展開している。

ザ・リッツ・カールトンでは、米アリゾナ州で「ザ・リッツ・カールトン・パラダイスバレー・ザ・パルメライ」をオープンするほか、ニューヨーク、ノーマッド地区で新規開業を予定。また、リッツ・カールトン・リザーブは、中国の九寨溝に6軒目のホテルを開業する。このほか、「ザ・リッツ・カールトン・モスクワ」「ザ・リッツ・カールトン・グランドケイマン」「ザ・リッツ・カールトン・ナポリ」は大規模な改装を行い、さらに2022年5月にはラグジュアリークルーズ船「ザ・リッツ・カールトン・ヨット・コレクション」が初航海を迎える予定だ。

セントレジスでは、カタールに「セントレジス・マルサ・アラビアアイランド・ザ パール」をオープン。シカゴおよびベオグラードのほか、メキシコのリビエラ・マヤに、「セントレジス・カナイ・リゾート」がオープン予定。

Wホテルは、アルガルヴェ(ポルトガル)、シドニー、ドバイ、トロントなどでオープン予定。

エディションホテルズは、マドリード、ローマ、ドーハ、タンパ、リビエラ・マヤのほか、日本では国内2軒目が銀座にオープンする。

JWマリオットは、カイロ、イスタンブール、済州島などで新規開業する。

世界的に有名なホテルブランドを通じて、質の高い旅のコンテンツと、ラグジュアリーの未来を示す独自のブランド体験を創造し続けており、ラグジュアリーブランドのポートフォリオを引き続き拡大することで、旅行者が求める貴重で豊かな体験を提供していく。

 

マリオット・インターナショナルの各ラグジュアリーブランドと新規開業の紹介

ラグジュアリーホスピタリティの未来を定義し続けるザ・リッツ・カールトン
その土地に合わせたデザインと比類のないサービスに重点を置くザ・リッツ・カールトンは、イノベーションを推進し、ラグジュアリーホスピタリティのスタンダードを確立し続けています。2021年には、モルディブ、タークス・カイコス諸島、メキシコシティなど、人気の観光地にブランドを導入しました。2022年には、アリゾナ州でザ・リッツ・カールトン・パラダイス バレー・ザ・パルメライをオープン、ニューヨークでは、ゲストルームから街を一望できる活気あるノーマッド地区で新規開業を予定し、ブランドの拡大を見込んでいます。また、ザ・リッツ・カールトン メルボルンは、オーストラリアにおける当ブランドの拠点を拡大する予定です。リッツ・カールトン・リザーブは、中国の歴史的な渓谷である九寨溝に6軒目のホテルを開業する予定です。ザ・リッツ・カールトンモスクワ、ザ・リッツ・カールトングランドケイマン、ザ・リッツ・カールトンナポリは、ブランドの未来志向のデザイン美学に基づき、今後1年間に大規模な改装を行います。さらに、2022年5月には、ザ・リッツ・カールトン・ヨット・コレクションの初航海を迎える予定です
THE RITZ-CARLTON YACHT COLLECTIN

世界で人気の観光地で時代を超えた魅力を放つセントレジス
セント レジス ホテルズ&リゾーツは、その時代を超えた洗練さと、豊かな伝統、グラマラスな精神を通じて、象徴的なホスピタリティブランドからグローバルラグジュアリーへの道を切り開き、今後1年間で世界で50軒目となるホテルのオープンを見込んでいます。2021年には、カイロおよびドバイにそれぞれ2つの施設を導入して中東での展開を進め、2022年にはカタールにセント レジス マルサ アラビアアイランド・ザ パールをオープンして、この地域でさらにブランドを拡大することを見込んでいます。さらに、2022年には、シカゴにセントレジスがオープンする予定です。ジャンヌ・ギャングの設計による建物は、すでにウィンディシティの新しいアイコンとなっており、ベオグラードにもそのオーダーメイドのサービスとアバンギャルドなスタイルを導入する予定です。セント レジスはレジャースポットでの成長を続けており、今後 5 年間でリゾート施設の数はほぼ 2 倍になる予定です。2021年は、マリオット・インターナショナル初のバミューダ諸島におけるラグジュアリーホテル、セント レジス バミューダ リゾートがオープンし、2022年にはメキシコのリビエラ・マヤに、ほぼすべての場所から海が見えるセント レジス カナイ リゾートのオープンが予定されています。また、2022年には、セント レジス サンフランシスコの全面改装が完了し、洗練された新しい外観と雰囲気でリニューアルオープンする予定です。

​ラグジュアリーを再創造し、想像力を掻き立てるWホテル
2021年、Wホテルはナッシュビル、大阪、フィラデルフィア、メルボルン、アモイ、ローマなどの都市に新規オープンしました。世界中に約60のホテルを展開するWホテルは、ディテールにこだわったデザイン、刺激的なエネルギー、賑やかなカクテルとダイニング文化、そして都市ごとに異なる洗練されたプログラムが特徴的です。Wホテルでの体験を再定義し、さらに高めることに焦点を当て、2022年はアルガルヴェ、シドニー、ドバイ、トロントなどでのオープンが予定されています。W SYDNEY

世界の象徴的な都市で成長を続けるエディションホテル
ラグジュアリーの概念を再定義する、予想外かつ新鮮なオンリーワンホテルのコレクションであるエディションホテルは、2021年にレイキャビクとドバイでパーソナルで親密なホスピタリティ体験を実現させました。エディションホテルはForbesで「世界で最もホットなブランド」に選ばれるなど、洗練されたデザイン、デスティネーションの厳選されたテイスト、そしてモダンなサービスを提供しています。エディションホテルは、2022年にはマドリード、ローマ、ドーハ、タンパ、リビエラ・マヤ、そして日本では国内2軒目となる東京・銀座を含む6軒のホテルをオープンし、全世界でさらなるブランド拡大を予定しています。現在、世界各地に14のホテルがあり、いずれも高級ホテルとして確固たる地位を築いていますが、2022年末には世界全体で20軒のホテルを展開する予定です。


ラグジュアリーコレクションは、新たなデスティネーションで変幻自在の旅を提案
ラグジュアリーコレクションは、世界40以上の国と地域に約120のホテルを展開するブランドとして成長を続けています。2021年には、ブダペストのマチルド・パレスのオープンによりハンガリーで開業し、北米ではザ・ハイスを通じて山小屋風のインテリアとロッキー山脈の活気をベイルにもたらし、韓国ではチョスンパレスのオープンにより遺産からインスピレーションを得た独特のデザインを披露しました。各ホテルがユニークな体験を提供し、その土地固有の魅力を知る入り口となるように、ラグジュアリーコレクションは2022年、スペイン、インド、ドミニカ共和国、メキシコ、ジョージアのトビリシなど、世界各地の魅力的な地に新規開業を予定しています。

ウェルビーイングな体験を提供するJWマリオット
JWマリオットは、2021年にシャーロット、モンテレイ、上海、タンパにホテルを開業しました。35以上の国と地域に100以上の施設を持つJWマリオットは、卓越したサービスを提供し、有意義なつながりを育む体験と環境をお届けすることに尽力しています。2022年、JWマリオットはカイロからイスタンブール、メキシコから韓国・済州島に至るまで、新しくホテルをオープンします。心と体、精神のバランスを求めるお客様に、引き続きご利用いただけるものと期待しています。JW MARRIOTT JEJU

世界最大のホテルチェーン マリオットグループアメリカに本社を置くマリオット・インターナショナルは、世界各地でマリオットホテルやリッツ・カールトンなど様々なホテルブランドを展開してい...

マリオット・インターナショナルについて
マリオット・インターナショナル(NASDAQ: MAR、本社: 米国メリーランド州ベセスダ)は、138の国と地域に30ブランド、 合わせて7,900軒以上の宿泊施設を擁するホスピタリティ企業です。世界中でホテルの運営およびフランチャイズや、リゾートのオーナーシップ・プログラムを展開しています。受賞歴を誇る旅行プログラム、Marriott Bonvoy™ (マリオット ボンヴォイ)を提供しています。