ホテルニュース

全室サウナ付ホテル「hotel hisoca」3月オープン

池袋駅西口エリアに客室滞在の快適性を追求した全室サウナ付の宿泊特化型デザインホテル「hotel hisoca」が2022年3月1日に開業する。

「自分らしく、心穏やかになれる場所」をコンセプトとしており、旅行中だからこそ身体と心に十分な休息を取ることを重視される方々が、プライベート空間が保てる客室内で、食事や入浴の時間も含めてゆったりと過ごしていただけることを目指している。客室は平均37平米の広めの空間を確保し、全室に大型バスとサウナ、ダイニングテーブルが設置されている。


【hotel hisocaの特徴】

五感がやわらぐシンプルなデザイン
客室は、ダスティグリーンもしくはダスティピンクをポイント色に用いたシンプルで落ち着いた色合いの空間となっています。心も身体も休まるように、また静穏に過ごせるように、家具やアメニティー類を設計・選定しています。またアロマディフューザーを全室に配備することで、お好みのアロマを楽しんでいただくことができます。

仲間内だけのプライベートな時間を満喫できる客室
全ての客室に、室内での飲食を楽しむことを想定したダイニングテーブルを設置しています。また朝食については、指定時間にお部屋に朝食をお届けするデリバリースタイルを取る予定です。近隣のデパートなどで購入したお惣菜やスイーツなどをお部屋に持ち込み、食事やカフェタイムを楽しんでいただくことができます。

大型バスとサウナで心も身体もリフレッシュ
全ての客室において、バスは大型の浴槽で、気泡発生可能なブロアバス仕様となっています。またバスルームにはシャワー付の洗い場と、サウナブース(ドライサウナもしくはミストサウナ)があります。ドライサウナではセルフロウリュに対応します。またバスボムやバスソルトなどのアメニティー類の活用で、バスでリフレッシュする時間をさらに充実していただくことができます。

最大6名まで同室で過ごせるグループルーム
全客室32室のうち21室が、ソファーベッドやダブルサイズのベッドを配置することで、3名以上の定員となっており、旅仲間が一つの部屋で過ごすことができます。また二段ベッドを配置したグループルームも2室(定員5名、6名)用意しており、多人数のグループや、複数のお子様がいらっしゃるご家族でも、一部屋にまとまって滞在いただくことができます。

「hotel hisoca」は全室ブロアバスとサウナを完備し、客室内でのんびり過ごしたいという方向けのホテルとなっている。ステイケーションやホカンスが流行る今、池袋に誕生するデザインホテルでリラックスしてみてはいかがだろうか。

【施設概要】
施設名称:hotel hisoca ikebukuro (ホテルヒソカ池袋)
住所:東京都豊島区西池袋1-10-4
交通:JR、東京メトロ有楽町線、東武東上線の池袋駅より徒歩2分
東京メトロ丸の内線、副都心線、西武池袋線の池袋駅も利用可
施設:7階建客室32室(全室大型バス&サウナ付)、カフェテリア、駐車場
客室面積(最低33.3平米、最大52.1平米)
開業予定日:2022年3月1日(火)