ホテルニュース

アコーラグジュアリーホテルブランド「フェアモント」日本初進出

「フェアモント東京」が、東京都港区芝浦・浜松町エリアに、2025年度に開業予定。「フェアモント」はアコーのラグジュアリーホテルブランドで日本初進出となる。

「フェアモント」は、欧州最大手のホテルグループであるアコーのラグジュアリーホテルブランドで、1907年の創業以来、80以上のホテルを世界中で展開する。「フェアモント」のほか、「ラッフルズ」「ソフィテル」「バンヤンツリー」「スイスホテル」などを展開する。アコーにとって、「フェアモント東京」は日本国内初のラグジュアリーホテルとなる。

「フェアモント東京」は、野村不動産・野村不動産ビルディング・東日本旅客鉄道が共同で行う大規模複合開発「芝浦プロジェクト」ツインタワー内に開業。ホテルの他、オフィス、集合住宅、商業施設などが入居する予定だ。フェアモントは、東京港から東京都心のパノラマビューが広がるS棟上層階に位置し、スイートを含む全219室のゲストルームのほか、3つのレストランとバー、スパ、フィットネスセンター、プール、バンケット、カンファレンス、チャペルなどが予定されている。

インテリアデザインは、世界的なラグジュアリーホテルを数多く手掛けてきた、オーストラリア・メルボルンのBAR Studioが担当する。


【詳細】
「フェアモント東京」
オープン時期:2025年度
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1号ほか
施設:スイートを含む全219室のゲストルーム、3つのレストランとバー、スパ、フィットネスセンター、プール、バンケット、カンファレンス、チャペル